スポンサードリンク

ツール第12ステージ 新城幸也 左手負傷も「脚は元気だから明日も走るよ!!」

Posted on: 2013.07.12
スポンサードリンク

ツール・ド・フランス第12ステージ。平坦基調のこの日、定石通り逃げグループをスプリント勝負に持ち込みたいメイングループがゴール前に捕まえる。しかし残り3キロ、落車が発生。スプリントに備えていたアンドレ・グライペル(ロット・ベリソル)等10名強が巻き込まれ、新城もそこに突っ込む形でレース終わってしまった。ゴール勝負を制したのはマルセル・キッテル(チーム アルゴス・シマノ)。マーク・カヴェンディッシュ(オメガファルマ・クイックステップ)を力でねじ伏せ、今大会ステージ3勝目を飾った。


チームメイトとゴールスプリントに備える新城 (photo Miwa IIJIMA)

以下、新城リポート。
スタート前、新城はチームから逃げ集団を作る役割、または逃げに乗るよう指名されるが、予想以上の風の強さと新城へのマークの厳しさでチームは作戦を変更。ゴールスプリントでの上位を狙うこととなる。その指示通り、新城は集団で体力を温存し、ゴールスプリントに備える。しかし、ゴール直前残り3キロで起きた落車に巻き込まれ、左手からの出血が止まらず、メディカルカーの治療を受けてのゴールとなった。ゴール3km圏内の落車だったため、集団と同タイムのゴールとなったが、新城は、左指の中指と、人差し指の第1関節と第2関節の間が深くえぐれる怪我を負ってしまった。

「避けきれなかった・・・。残念だけど。ゆびの怪我は前に転んだ選手のリアメカに手が入ってしまい、切れた。出血が多いのが気になるけど、(今も血が止まらない)脚は元気だから明日も走るよ!!ホントは明日がチャンスだと思っていたんだけど、、、。怪我の様子をみながら頑張ります。ご心配おかけしてすいません。」とレース後語った。

指2本の怪我は大きいが、その他の怪我がなく、明日も元気に走れるということは不幸中の幸い。なんとしてでも、パリのゴールにたどり着くという新城の強い決意がうかがわれた。

NEW ENTRY