スポンサードリンク

新城に変わり中根英登が日本代表に選出 2018アジア大会ロードレース

Posted on: 2018.08.20
スポンサードリンク

8月23日にインドネシアにて開催されるアジア競技大会男子ロードレースに出場予定だった新城幸也(バーレーン・メリダ)が、オランダで開幕したUCIワールドツアー、ビンクバンク・ツアーの第1ステージで落車に巻き込まれ負傷。それに伴い、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニの中根英登が新城に変わり日本代表に選手されることが発表された。

4年に一度、アジア版のオリンピックとして開催されるアジア競技大会。第18回目となる今回は、8月18日から9月2日までインドネシアのジャカルタおよびパレンバンにて開催される。そして今回は、2020年の東京オリンピック前、最後のアジア競技大会となるため、例年以上に大きな注目を集めている。

自転車競技は開催順にMTB、ロードレース、BMX、トラックの各種目が開催され、ロードレースは個人タイムトライアルを含め、8月22日から24日まで、ジャカルタ郊外のスバン(Subang)を拠点としたコースで行われ、男子ロードレースは23日10時スタート、150kmのコースで競われる。150kmのコースは平坦基調だが、フィニッシュ地点に向けて、緩く登っていくのが特徴。

今回、日本からは2名(別府史之選手/トレック・セガフレード、新城幸也選手/バーレーン・メリダ)が代表選手に決定していたが、新城幸也選手が8月13日にオランダにて開催されたビンクバンクツアー初日に落車し、肘を負傷。残念ながらアジア競技大会への参加を見送る形となり、代わりに中根英登が代表選手に選出された。

中根は1月にミャンマーで開催されたアジア選手権にも日本代表として選出されていたが、体調不良によりレースに出走できなかった。その雪辱を果たすチャンスを手にすることになった。

アジア競技大会における日本人選手の成績は、近年では1998年タイ・バンコク大会にて飯島誠氏、2010年中国・広州大会にて宮澤崇史氏がそれぞれ銀メダルを獲得したのが最高位となっており、日本人選手による優勝は、1951年、1978年の2回のみと記録されている。

▷中根英登のコメント
急遽、アジア競技大会の参戦が決まりましたが、まずはじめに、新城選手の早期回復を願っています。4年に1度のアジア大会で日本代表選手として戦えることを光栄に思います。

また日本代表のエース・新城選手の代わりとして自分がレースを走るということに大きなプレッシャーを感じていますが、そのプレッシャーを力に変えて、自分の持ち味を発揮する準備はできています。日本代表チームが優勝できるよう頑張ります!

【レース情報】
第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)
ロードレース男子:2018年8月23日(木)

<その他の自転車競技日程>
MTB・XCO 8月21日(火)
ロード   8月22日(水)~24日(金)
BMX    8月25日(土)
トラック  8月27日(月)~31日(金)

▷日本代表出場メンバー詳細はこちらから

情報・写真提供:NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ

NEW ENTRY