驚異の世界新記録ラッシュ!日本勢も4種目で日本記録更新 トラックW杯第2戦メキシコ大会

Posted on: 2013.12.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月5日〜7日にメキシコ中西部に位置する工業都市、アグアスカリエンテスでトラック競技のワールドカップの第2戦が行われ、世界新記録ラッシュに湧いた。また日本勢も4つの種目で日本記録を更新するものの、いずれも上位進出はならなかった。

およそ1800mの高地に位置するアグアスカリエンテスで行われたワールドカップ第2戦には、空気の薄い高速バンクで記録を狙い、世界各国から実力者たちが集結した。

1kmタイムトライアルでは、現世界チャンピオン、フランソワ・ペルビス(フランス)が、これまでの記録を2秒以上縮める、56秒303で世界新記録を樹立。世界のトップ選手たちが、異次元のスピードで戦いを繰り広げ、男女合計7つの種目で世界記録が塗り替えられた。

また日本勢も、前田佳代乃が500mタイムトライアルで34秒台を叩きだし日本記録を更新するなど4つの種目で日本記録を塗り替えたものの、ハイレベルなレースに大きな結果を残すことができなかった。

<ワールドカップ第2戦の主な成績>

【男子1kmタイムトライアル】
1位 F.ペルビス (フランス)56秒303 (世界新記録)
2位 M.レヴィ (ドイツ) 57秒949
3位 J.アイラース(ドイツ) 57秒980
11位中川誠一郎 (日本)1分00秒017 (日本新記録)

【女子500mタイムトライアル】
1位 A.メアーズ(オーストラリア) 32秒836(世界新記録)
2位 M.ウェルト(ドイツ) 33秒.062
3位 L.ワイジー(香港チャイナ) 33秒296
14位 前田佳代乃(日本)  34秒882   (日本新記録)

【男子スプリント】
優勝 M.グレッツァー(オーストラリア)
2位 J.ケニー (イギリス)
19位 中川誠一郎 (日本)(※予選200TT 9秒702 予選敗退)
35位 河端朋之 (日本)(※予選200TT 9秒865 予選敗退)
※予選200TTで、F.ペルビス(フランス)が9秒347で世界新記録

【女子スプリント】
優勝 K.フォーゲル(ドイツ) (※予選200TT 10秒384 世界新記録)
2位 A.メアーズ (オーストラリア)
3位 L.ワイジー (香港チャイナ)
20位 前田佳代乃 (日本) (※予選200TT 11秒099 予選敗退)
25位 石井寛子 (日本) (※予選200TT 11秒496 予選敗退)

【男子チームスプリント】
1位 ドイツ    42秒117(予選タイム41秒871 世界新記録)
2位 イギリス   43秒325
3位 オーストラリア 43秒201
7位 日本(河端/渡邉/中川) 43秒092 (日本新記録)

【女子チームスプリント】
1位 ドイツ  32秒212(予選タイム32秒153 世界新記録)
2位 イギリス 32秒602
3位 ロシア 32秒579
11位 日本 34秒535(前田/石井)日本新記録

【男子オムニアム】
11位 橋本英也(日本)
※スクラッチで1位を獲得

【女子オムニアム】
16位 塚越さくら(日本)

【女子4km団体追い抜き】
1位 イギリス  4分16秒552(世界新記録) 
2位 カナダ   4分23秒173
3位 オーストラリア 4分22秒533

【男子ケイリン】
1位 M.クランプトン(イギリス)
2位 T.ヴェヒター (ドイツ)
3位 S.パーキンス (オーストラリア)
12位 渡邉一成 (日本)
15位 脇本雄太 (日本)

【女子ケイリン】
1位 K.フォーゲル(ドイツ)
2位 L.ワイジー(香港チャイナ)
3位 R.ジェームズ(イギリス)
17位前田佳代乃(日本)

■全種目のリザルト
http://ow.ly/rCac2

■UCIホームページ
http://ow.ly/rCagV

【トラックワールドカップ第2戦 UCIオフィシャルハイライト】

NEW ENTRY