スポンサードリンク

ロードTT女王、與那嶺恵理がアスリートの総合的支援を目的とした新会社を設立

Posted on: 2015.12.28
スポンサードリンク

2015年全日本タイムトライアルチャンピオン、ロード世界選手権日本代表の與那嶺恵理が、2014年MTB日本チャンピオン武井きょうすけ等と共にアスリートの総合的支援を目的として新会社「マスタードシード」を設立することを発表した。

與那嶺恵理は、これまで1年半に渡り、サクソバンクFX証券様の社員として働きながらロードレース、MTB、シクロクロスの各競技に取り組んできたが、リオデジャネイロ・オリンピックに向けて、プロ自転車選手としての活動に専念するため、同社との雇用契約を終了し、自身の会社として合同会社マスタードシードを設立することとなった。

マスタードシードという社名は、新約聖書の「マタイによる福音書」、「マルコによる福音書」、「ルカによる福音書」にあるイエスの言葉をもとにしている。

「マルコによる福音書」によると、イエスは以下のように語られたとされている。「神の国を何に比べようか。また、どんな譬で言いあらわそうか。それは一粒のからし種のようなものである。地にまかれる時には、地上のどんな種よりも小さいが、まかれると、成長してどんな野菜よりも大きくなり、大きな枝を張り、その陰に空の鳥が宿るほどになる。」(日本聖書協会、1954年訳)

與那嶺は、「私たちは誰もが、この譬えに登場するからしの種(マスタードシード)のような存在である」と考え、「小さな種でも、蒔かれることで大きくなり、沢山の魂が宿るほどの大きな木と成るもの。そんな種を蒔き、水を与え、時には肥料を与え、一緒に育て、沢山の人々が集まる場所としていきたい」という想いが社名には込められている。

合同会社マスタードシードは設立パートナーとして加藤晃生、武井きょうすけの両氏を迎え、與那嶺のマネジメントに加えて、以下の諸事業を展開し、日本のアスリートの健康と健全なキャリア形成を支援していく。

下記事業内容は同社プレスリリースより転載

1:若手アスリートのキャリア構築支援
女性に限らず、若手アスリートの高大接続、大学での学習、大学卒業後の就職やプロ活動といったキャリア構築プロセス全般のコンサルティングを行います。またこれと併せて、若手アスリートとスポンサー企業のマッチング、スポンサー企業に対するアスリート活用方法のコンサルティングも実施致します。

2:女性アスリートの活動資金支援
既に與那嶺恵理は、全寮制女子中学生サッカー学校である小美玉フットボールアカデミーに、2015年より5年間の資金提供契約を結んでおりますが、これに加えて将来有望な女性アスリート(競技種目不問)への資金支援を若干名、開始致します。

3:女性アスリートの健康管理支援
産科婦人科舘出張佐藤病院様(群馬県高崎市若松町 96)とパートナーシップを構築し、女性アスリートの心と体の健康管理を支援致します。特に現在注目されている、女性アスリートの無月経や骨粗しょう症、痩せすぎの問題に関し、與那嶺自身の経験を踏まえて、情報発信と対策の研究、そしてコンサルティングを行います。

4:コーチ育成
トップアスリートのセカンドキャリアの選択肢の一つであるコーチの仕事に関して、トレーニング理論や教育法、選手とのコミュニケーション、選手のデータ管理と分析といった、これから必須となるであろうノウハウを希望者に提供し、将来の日本のスポーツを支える人材を育成致します。

5:事故によって障害をおったアスリートの支援
障害者就労支援施設「あるく」を運営するカタリスト株式会社様(名古屋市中区栄1丁目15番6号サカエミヤシタビル 4F)とパートナーシップを構築し、練習や競技中の事故によって障害をおったアスリートの就労支援を実施致します。

6:アスリート用のオーガニックフードの共同開発
オーガニック食材に強みを持つ食品専門商社であるアルファフードスタッフ株式会社様(愛知県名古屋市西区名駅 2 丁目 27-39)とパートナーシップを構築し、環境の持続可能性に配慮した原料を使用したアスリート用のオーガニックフードの共同開発を行います。

與那嶺はこれまでの自身の経験から、競技成績のみに拘ったスポーツと人間の関わりは、健康で持続可能な社会の実現に寄与しないことを痛感しており、アスリートの健康、社会の健康、地球環境の健康を一つの繋がりの中にあるものとして、その実現と維持に積極的に寄与したいと考えている。

加藤晃生 略歴
1971 年愛知県出身。金沢大学大学院教育学研究科修士課程修了、立教大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。修士(教育学・金沢大学)、博士(比較文明学・立教大学)。専門は芸術社会学、障害社会学、地域社会学。翻訳家、立教大学社会学部兼任講師を経て 2013 年、自らデザインした男性用育児バッグの製造販売を開始。2015 年よりカタリスト株式会社でシニアコンサルタントとして障害者就労支援事業に関わる。翻訳書、論文、学会報告多数。

武井きょうすけ 略歴
1978 年千葉県出身。野田市立南部中学校卒。プロ自転車選手として 2014年にMTBクロスカントリー全日本王者、ロードレースUCIアジアツアー・ツール・ド・イジェン第1ステージ優勝。2015年MTBクロスカントリー日本代表。プロ自転車コーチとして與那嶺恵理を育てる。また実業家として BIKE SHOP FORZA など 3 社の経営に関わる。

情報提供:合同会社マスタードシード

NEW ENTRY