スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

【Pick Up】夢の対談。競技の垣根を越えてロードと競輪のトップ選手が語り合う!

編集部がお薦めする一押し自転車動画。今回は、東京にあるプライベートコーチングスタジオ「スマートコーチング」の代表である安藤隼人さんがアップしている動画「競輪選手とロード選手対談」をピックアップ!

まずは、なんと言っても映像に映っている選手達が実に豪華!競輪界からは、史上最多G116勝を誇り、44歳になった今も現役トップ選手として存在感をしめしつづける神山雄一郎選手。スケートから転身し、競輪界のトップに君臨する武田豊樹選手
。そして先日オールスター競輪で43歳にして7年ぶり3度目のタイトルを獲得した後閑信一選手。

そして、ロード界からは鹿屋体育大学出身で現在ブリヂストンアンカーに所属する国内を代表するトップレーサー清水都貴選手と、世界最高峰カテゴリーUCIプロチーム、サクソ・ティンコフに所属する宮澤崇史選手。

では、なぜこのような豪華メンバーを集めることができたのか・・・。それは、この対談を実現し映像に残した「スマートコーチング」代表の安藤隼人さんが、宮澤崇史選手、武田豊樹選手、後閑信一選手をコーチングしているから。ちなみに安藤さんは鹿屋体育大学出身。つまり清水都貴選手の先輩であり、長年にわたりアドバイスをしてきています。

競技の垣根を越えて自転車選手のコーチングを行う安藤さん。数々のトップ選手と対話を重ね、課題を解決していくなかで、競技間の敷居をさげ、横の繋がりを深めていきたいという思いが増してきたと言います。その強い思いが、誰もが憧れていたトップ選手たちの対談を実現させました。

対談は終始和やかな空気で進められ、違う競技でトップに立つ選手へのリズペクトを感じます。そうした中で、ロードと競輪の違いや共通点を、トップ選手ならではのディープな切り口で語り合ってます。

中でも、ジャパンカップ前日に行なわれる「クリテリウム」に毎年参戦している競輪選手の走りを見た、宮澤選手や清水選手の分析は必見。

もっとずっと聞いていたい!というところで終わってしまいますが・・・お楽しみはパート2。今後は「大勝負に勝つ時の心構えやトレーニング」「ポジション」といったテーマを、全4回に亘ってアップしていく予定ということです。今から楽しみです!

【安藤隼人さん紹介】
http://www.smart-coaching.jp/staff.html

【スマートコーチング詳細】
http://www.smart-coaching.jp/index.html

タグ: , , , ,

NEW ENTRY