スポンサードリンク

梶原悠未がオムニアム3連覇!2019アジア選手権トラック

Posted on: 2019.01.13
スポンサードリンク

1月12日、インドネシアの首都カンボジアで開催中のアジア選手権トラック競技は4日目を迎え、女子オムニアムに出場した梶原悠未が優勝し3連覇を飾った。また、男子スプリントには渡邉一成、新田祐大、深谷知広の3名が出場。全員がベスト8まで勝ち進むも渡邉の4位が最高位。パラサイクリングではC1-3男子1kmタイムトライアルで川本翔大が今大会2つ目の金メダルを獲得した。


女子オムニアム表彰式 ©JCF

女子オムニアムは3連覇がかかる梶原悠未が出場。日本のみならずアジアでも連覇を続ける梶原だが、ロンドン五輪・ロードレースの銅メダリストであるザベリンスカヤ(ウズベキスタン)が今大会に参戦し強力なライバルとなった。

レースでは、梶原がすべての種目を安定して上位を獲得し、首位で最終種目のポイントレースへ。ポイントレースでも常に10点程度の差をキープし、そのまま優勝。オムニアムでは2017年から3連覇となった。

●梶原悠未のコメント
すっごく嬉しい気持ちでいっぱい。2年連続で勝っていて、オリンピックのポイントもあり絶対に落とせない大会。目標を達成できほっとしている。

プレッシャーというより緊張はったが、スタートしたら自分の走りをするだけ。集中して強い気持ちを持って走ることができた。次のワールドカップでも全力をを尽くし表彰台に立ちたい。


3連覇を決めた梶原悠未 ©JCF

【アジア選手権 大会4日目結果】
<男子スプリント>
優勝 アジズルハスニ・アワン(マレーシア)
4位 渡邉一成(日本)
6位 新田祐大(日本)
7位 深谷知広(日本)

<男子ポイントレース>
6位 窪木一茂(日本)52点
▶リザルト詳細
https://docs.wixstatic.com/ugd/ef8a5a_cdec03473be142b9a872508f84fa5b98.pdf

<女子オムニアム>
優勝 梶原悠未(日本)130点
2位 ファン・ティンイン(チャイニーズタイペイ)119点
3位 オルガ・ザベリンスカヤ(ウズベキスタン)119点
▶リザルト詳細
https://docs.wixstatic.com/ugd/ef8a5a_d64c1d7694b94236a50ef07403462c25.pdf

<男子ジュニアスプリント>
8位 市田龍生都(日本)
※決勝結果未掲載

<男子ジュニアポイントレース>
4位 生野優翔(日本)8点
▶リザルト詳細
https://docs.wixstatic.com/ugd/3f5745_db3e56c1d974443a93ecc858dd8d99dd.pdf

<男子ジュニア個人パーシュート>
4位 四宮寛人(日本)3分33秒291

<女子ジュニアスクラッチ>
2位 内野艶和(日本)

<パラサイクリングC1-3男子1kmタイムトライアル>
優勝 川本翔大(日本) 1分11秒326(係数補正値)

<パラサイクリングB男子1kmタイムトライアル>
3位 日本(木村和平・倉林巧和)1分06秒064

*その他種目結果
https://atresults.wixsite.com/attiming/acct2019?fbclid=IwAR3mqFcSKPVwnGbTAwye3rfLZAHb0OazQEGyA9jNZXsx-_ONpUw6JO3K5xo

情報・写真提供:JCF日本自転車競技連盟

NEW ENTRY