BMXレースW杯5戦ベルギー大会 長迫が33位、畠山が準決勝に進出し11位

Posted on: 2018.05.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月12日、ベルギー、ゾルダーでワールドカップ第5戦が行われ、日本からは男女合わせて10名が出場。男子は、前回大会から好調を維持してきたリオ五輪日本代表の長迫吉拓が唯一1/8決勝に進出したが、準々決勝に進出条件の4着までにはいることができず総合33位でレースを終えた。また女子は、畠山紗英が、準決勝に勝ち進み総合11位で終えた。

下記 JCFプレスリリースより、三瓶監督のレースレポート
ーーーーーーー
前週オランダにて開催されたUCI BMXスーパークロスワールドカップシリーズ第3-4戦に続き、隣国ベルギーにて開催された第5戦へ日本チーム10名が参戦しました。

エントリー数男子171名、女子63名と前回オランダ大会より10名前後多い参加者数となった今大会。日本チームの大会結果は、長迫が通過まで0.1秒届かず総合33位が日本人最高位となりました。


(#993 長迫吉拓)

女子は畠山紗英がワールドカップにて1年ぶりに準決勝進出するも、あと2つ順位が届かず準決勝敗退となりました。


(畠山紗英)

男子優勝は今期3勝目となるオランダのニーク・キンマン、女子は昨年のジュニア世界チャンピオンである、イギリスのベサニー・シュリーバーズがワールドカップ初優勝を飾りました。

明日は同会場にて第6戦が開催されます。雨天予報が出ているので、本日とは異なるレース展開を読みきれるよう、チーム全体で戦略をたてていきます。引き続き、応援宜しくお願い致します。

▷ライブ放送:ワールドカップ第6戦(13日18:00開始予定)

【UCI BMXワールドカップ第5戦 日本代表結果】
[男子]
長迫 吉拓 (岡山/MXインターナショナル) 総合33位
松下 巽 (神奈川/ 全日空商事株式会社) 総合118位
増田 優一 (大阪/大阪偕星学園高等学校) 総合122位
池上 泰地 (大阪/クワハラバイクワークス) 総合125位
吉井 康平 (東京/フォスター電機株式会社) 総合128位
島田 遼 (広島/近畿大学泉州高等学校) 総合159位

[女子]
畠山 紗英 (神奈川/日本体育大学) 総合11位
丹野 夏波 (神奈川/白鵬女子高等学校) 総合32位
永禮 美瑠 (愛知/西陵高等学校) 総合39位
早川 優衣 (広島/興譲館高等学校) 総合52位

NEW ENTRY