スポンサードリンク

アジア王座奪取に向けて別府、新城も出場 2018アジア選手権ロードが8日からミャンマーで開幕

Posted on: 2018.02.07
スポンサードリンク

8日からミャンマーの首都ネピドーで行われる2018アジア選手権ロードレース。初日に行われるエリート男子チームタイムトライアルを皮切りに各カテゴリーのレースが開催。世界選手権の出場枠もかかった大事な一戦。アジアの強豪たちを相手に何個のメダルを獲得できるのか、日本勢の活躍が期待される。なお、エリート男子タイムトライアルにはワールドチーム所属の新城幸也、別府史之を始め、小野寺玲・畑中勇介、U23から松田祥位、山本大喜の6名が出走する

▷大会前日練習の様子

【2018アジア選手権大会スケジュール(現地時間)】
<2月8日>
8:00 エリート男子チームタイムトライアル(70km)
10:30 ジュニア男子個人タイムトライアル(22km)
13:00 ジュニア女子個人タイムトライアル(11km)
<2月9日>
8:00 U23男子個人タイムトライアル(34km)
9:30 エリート女子/U23女子個人タイムトライアル(22km)
<2月10日>
8:00 エリート男子個人タイムトライアル(42km)
10:30 ジュニア男子ロードレース(106km)
14:30 ジュニア女子ロードレース(70km)
<2月11日>
8:00 U23男子ロードレース(156km)
12:00 エリート女子ロードレース(106km)
16:00 U23女子ロードレース(70km)
<2月12日>
8:00 エリート男子ロードレース(176km)

【日本人出場選手】
<エリート男子>(5名)
別府 史之(トレック・セガフレード)
畑中 勇介(チーム右京)
中根 英登(NIPPO VINI FANTINI) 
新城 幸也(BAHRAIN MERIDA)
小野寺 玲(宇都宮ブリッツェン)

<エリート女子>(4名)
唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)
吉川 美穂(Live GARDEN BICI STELLE)
樫木 祥子(株式会社オーエンス) 
福田 咲絵(慶應義塾大学/フィッツ)

<U23男子>(5名)
石上 優大(EQADS)
山本 大喜(鹿屋体育大学)
渡邉 歩(EQADS)  
草場 啓吾(日本大学)
松田 祥位(岐阜第一高校)

<U23女子>(3名)
中井 彩子(鹿屋体育大学)
菅原 朱音(八戸学院大学)
下山美寿々(大阪教育大学附属天王寺高校)

<ジュニア男子>(4名)
山本 哲央(韮崎高校)
日野 泰静(松山城南高校)
鳥倉 必勝(ウォークライド)
香山 飛龍(横浜高校)

<ジュニア女子>(4名)
石上 夢乃(横浜創学館高校)
川口うらら(龍野高校)
岩元 杏奈(都城工業高校)
太郎田水桜(東京成徳大学高校)

NEW ENTRY