スポンサードリンク

栗村修「故意?もらい事故?」

Posted on: 2017.07.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

自転車ロードレース界のスーパースターであるペテル・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)がツール・ド・フランス第4ステージにて早くも失格になりレースから姿を消すという波乱の展開となっています。

問題のクラッシュは第4ステージのフィニッシュ手前で発生しました。

アルノー・デマール(エフデジ)の番手に割って入って前へ上がろうとしたサガンはラインを右方向に変えながらちょうど前にいたナセル・ブアニ(コフィディス)をかわそうとしたところ、ちょうど更にその右後方から良い勢いで上がってきたマーク・カヴェンディッシュ(ディメンションデータ)と接触し、結果、スペースを失ったカヴェンディッシュが落車してリタイアに追い込まれるという大きな事故に発展してしまいました。

映像で確認すると、接触直後にサガンが右肘を外側へ開く動作をしているので、パッと見ではサガンが肘打ちでカヴェンディッシュを落車させたようにも見えます。

しかし、スロー映像でよく確認してみると、実際にはサガンの肘はカヴェンディッシュの身体に接触しておらず、右方向から体当たりをされたことによる「バランスをとる動作(右肘を一瞬開く動作が)」であったことがよくわかります。

それでは、ほかにサガンが失格となるほどの悪質な走行や行為をしていたかというと、思い当たるのは「右方向への斜行」くらいしかありません。

サガンの右後ろから良い勢いで上がってきたカヴェンディッシュに対して、サガンは前方で失速気味のブアニ(ブアニはその前にグライペルと接触して一瞬落車しかけておりサガンとしてはブアニとの距離を少し多目にとって抜きにかかったようにもみえます)を右へ移動して抜こうとしてたわけですが、人間なので後ろには目は付いておらず(更に影も後方に伸びていた)、結果、デマールのスリップに入って上がってきたカヴェンディッシュに斜め後ろから突っ込まれる形となりました。

そもそもですが、前日にステージ優勝を飾った世界チャンピオンのサガンが、あの位置で肘打ちまで繰り出してまで危険な走りを選択するとはとても思えません(主観ですが…)。

また、右方向からの不意の接触に対して自分が転ばないために瞬時にとる動作というのは、状況にもよりますが、「右へ押し返す動作」が適切となるわけで、映像だけ見ているとサガンがカヴェンディッシュを右方向へ突き飛ばしたように映ってしまうのはある意味で仕方がないとも言えます。

結論として、「誰かが確実に悪いことをしたとはいえない状況だった」というのが私個人の感想になります。

もちろん、良い勢いで後ろから抜きにかかっているカヴェンディッシュがあの状況を回避するには「ブレーキをかける」しか手段はなく、うまくすり抜けられればステージ優勝の可能性もあったあのタイミングで、動物的本能を持つスプリンターがそんな消極的な判断をすることもないように感じます。

問題は、上記の内容を「サガン失格という判断を下した人たちがしっかりと理解していたか?」ということになります。まさか本気で「肘打ちで失格」なんて思っていないことを願います。

もちろん、理解の上での判定なのであれば、「サガンは気の毒だけど右へ動いた結果重大な落車が起こったので失格となった」という解釈で我々も受け入れるしかありません(ただし、じゃあサガンはあの状況でどうすればよかったのか?という部分はモヤモヤとして残りますが…)。

どこか不可抗力(個人的見解ですが…)なのに、ツール・ド・フランスの、そして自転車ロードレース界のスーパースターを、一発で排除したという今回の判定には、正直、少なからず違和感を感じてしまいます。

AUTHOR PROFILE

栗村 修 くりむら・おさむ/1971年横浜市出身。15歳から本格的にロードレースをはじめ、高校を中退し単身フランス自転車留学。帰国後シマノレーシングで契約選手となり、1998年ポーランドのプロチーム「ムロズ」と契約。2000年よりミヤタ・スバルレーシングで活躍した後、2002年より同チームで監督としてチームを率いた。2008-09年はシマノレーシングでスポーツディレクター。2010年より宇都宮ブリッツェンにて監督。2014シーズンからは、宇都宮ブリッツェンのテクニカルアドバイザーを務めた。現在は、一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役につき、ツアー・オブ・ジャパン大会副ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。JSPORTSのロードレース解説をはじめ、競技の普及および日本人選手活躍にむけた活動も積極的に行なう。 筆者の公式ブログはこちら

栗村 修の新着コラム

NEW ENTRY