スポンサードリンク

栗村修「ツール・ド・とちぎ」

Posted on: 2017.04.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

3月31日(金)~4月2日(日)の3日間に亘り、栃木県内で開催されているUCI公認国際自転車ロードレースの『ツール・ド・とちぎ』に来ています。『ツール・ド・とちぎ』の特徴は、なんといっても3日間ともスタート地点とゴール地点が異なる『オールラインレース』で開催されているということです。

レースに出場するチームや選手たちにとっては本物のロードレースを走れるということで満足度が高いのは間違いありませんが、一方で、心配されていた交通規制などについても、ここまでの2日間驚くほどスムースに主催者側・競技運営側・警察・地元立哨員などの連携が見事に噛み合っています!

初回大会なので細かいトラブルなどは仕方ありませんが、それでも、本州では困難といわれていた 『ライン型ステージレース』 の開催を立派に実現しています。

また、『ラインレース型ステージレース』の弱点のともいえる各会場の盛り上げについても、『さすが栃木!』と思える各種演出で、会場に集ったお客さんたちを様々な『おもてなし』で楽しませていました。

そして、『レースを伝える』という部分に於いても、地元テレビ局が柔軟かつコンパクトな体制で現状で考えられるベストな方法が選択されており、逆に我々が教えられる施策なども多々実施されています。

『ツール・ド・とちぎ』に来て感じたことは、『ジャパンカップ』や『Jプロツアー』、そして『ツアー・オブ・ジャパン』など(レース運営についてはラインレースであるツール・ド・北海道のノウハウが生きている)で蓄積されてきた各種ノウハウが有効につかわれており(上記レースの運営スタッフが相当数投入されている)、更に栃木が独自に生み出したオリジナルの取り組みなどがプラスされて、とても魅力的な国際レースが日本に新たに誕生したということです。

恐らく、今回『ツール・ド・とちぎ』が開催されたことで、重要なノウハウが日本のレース界にもたらされることになると思います。『自転車王国栃木県』の快進撃は続いていきます!

AUTHOR PROFILE

栗村 修 くりむら・おさむ/1971年横浜市出身。15歳から本格的にロードレースをはじめ、高校を中退し単身フランス自転車留学。帰国後シマノレーシングで契約選手となり、1998年ポーランドのプロチーム「ムロズ」と契約。2000年よりミヤタ・スバルレーシングで活躍した後、2002年より同チームで監督としてチームを率いた。2008-09年はシマノレーシングでスポーツディレクター。2010年より宇都宮ブリッツェンにて監督。2014シーズンからは、宇都宮ブリッツェンのテクニカルアドバイザーを務めた。現在は、一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役につき、ツアー・オブ・ジャパン大会副ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。JSPORTSのロードレース解説をはじめ、競技の普及および日本人選手活躍にむけた活動も積極的に行なう。 筆者の公式ブログはこちら

栗村 修の新着コラム

NEW ENTRY