スポンサードリンク

栗村修「誤ったビジネスモデル」

Posted on: 2017.02.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

前々回のブログで『ジロ・デ・イタリア』のワイルドカードに関する記事を書きました。

それに関連したニュースをみていたところ、『ジロ・デ・イタリア』の大会ディレクターであるマウロ・ヴェーニ氏が、『ワイルドカードで落選してしまったイタリア籍のプロコンチネンタルチームが、ジロの落選によりチーム存続の危機にある』と報道されていることについて、以下のようなコメントを残していました。

『イタリアプロチームの危機(今年、イタリア国内のUCIワールドチームがゼロになったことや、いくつかのプロコンチネンタルチームも存続が厳しい状況に置かれているなど)は、ジロ・デ・イタリアのワイルドカードの選択に起因するものではない。むしろ、ジロ・デ・イタリアに出場しなければチームの財政が見通せない誤ったビジネスモデルが問題だ。今回落選したチームは、ミラノ~サンレモ、ティレーノ~アドリアティコ、ストラーデビアンケなどには出場できる。すべてがジロ・デ・イタリアに依存してしまっている現状が間違っている。チーム側に計画性がないことは大きな問題。』

たしかに一理あるなと思う一方で、現状の自転車ロードレース界のシステムの中だと、殆どのチームが目先の資金繰りをなんとかやり繰りしながら1年1年を乗り切っている状況であり、チーム側へ一方的に『ビジネスモデル』や『計画性』を求めるのは少しばかり酷なのでは?とも感じたりします。

そもそも、ミラノ~サンレモ、ティレーノ~アドリアティコ、ストラーデビアンケなどのレースが持つバリューのみで、現代のプロコンチネンタルチームが必要とする年間予算すべてを集めることは可能なのでしょうか。

本来は、『相応のバリューを持つレース』への参加見通しがある程度ついた状態(UCIプロツアー制度がその形)、もしくは、ワイルドカードであればそのカードを得るための明確な基準が事前に公表されている状態が正常といえます。

実は、国内の各UCIレースも同様の問題を抱えており、現状、私個人の取り組みの範疇に留まっていますが、近いうちに『国内各UCIレースへの出場基準の明確化、及び、フォーマットの統一化とそれらの公表』を行いたいなと考えているところです。

『卵が先か鶏が先か』的な議論ではありますが、やはり現在の自転車プロチームの不安定な運営状況などを考えると、『必要な情報の開示』だけでも積極的に進めていくことが、チーム側の無用なリスクを軽減するために必要なことである気がします。

AUTHOR PROFILE

栗村 修 くりむら・おさむ/1971年横浜市出身。15歳から本格的にロードレースをはじめ、高校を中退し単身フランス自転車留学。帰国後シマノレーシングで契約選手となり、1998年ポーランドのプロチーム「ムロズ」と契約。2000年よりミヤタ・スバルレーシングで活躍した後、2002年より同チームで監督としてチームを率いた。2008-09年はシマノレーシングでスポーツディレクター。2010年より宇都宮ブリッツェンにて監督。2014シーズンからは、宇都宮ブリッツェンのテクニカルアドバイザーを務めた。現在は、一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役につき、ツアー・オブ・ジャパン大会副ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。JSPORTSのロードレース解説をはじめ、競技の普及および日本人選手活躍にむけた活動も積極的に行なう。 筆者の公式ブログはこちら

栗村 修の新着コラム

NEW ENTRY