スポンサードリンク

またしても雨バトル!泥を制し井本はじめがダウンヒルシリーズ初優勝

Posted on: 2014.11.12
スポンサードリンク

11月2日、3日にダウンヒルシリーズ第4戦がSRAM PARKで開催され、雨による超マッドコンディションを井本はじめが制し初優勝を飾った。5戦目は11月22-23日に兵庫県たつの市菖蒲谷にて行われる。

第4戦目はまたしても雨。会場となった愛知県瀬戸市にあるSRAM PARKは、今年のDOWNHILL SERIESでの開催。会場のなかで唯一完成したばかりのコースである。

元々は、SRAM代理店であるダートフリーク社の部品開発のためのテストコースとして採石場跡地を買い取り、整備されてきた。現在は、会員制のモトクロスバイク&MTB専用のライディングパークとして一般にも解放されており、今回はお披露目イベントでもある。会場には16社もの出展ブースが立ち並んだ。

見渡しのいい斜面に造られたダウンヒルコースは、標高差48m、全長が395mと短め。しかし、クネクネのバンクとジャンプを組み合わせたレイアウトは、ダウンヒルのテクニックやBMX、ジャンプなどの技術が問われる、シンプルながら奥の深い構成となっている。

マウンテンババイクコントロールのあらゆるライディングの基礎的な要素がタイムの鍵を握るこのコースは、ある意味ライダーの実力を問われる、ごまかしのきかないコースとも言える。

そんな文句をうたっていたが、土曜日は「雨ときどき土砂降り」と言うほどの天候。泥は重く、そして滑り、コブは泥で隠れた。同日開催されていた「MTB最強店長選手権」では、まず、会場内に作られたショートXCコースを24人の店長たちが泥だらけになって走る。

滑るなんてもんじゃない。進まない。そんななか、XC部門では三上和志店長(サイクルハウスMIKAMI)が、DH部門では堀田マサキ店長(HOTTSPIN)が優勝した。(詳細は11月20日発売のサイクルスポーツ1月号で掲載予定)

そして夜には雨が止み、日曜日の朝。「瀬戸の土は瀬戸物を作ってたってだけあってすごく水はけがいいから、昼間にはドライになるかも!」なんて噂はどこへやら。「これなら雨が降り続いた方がよかった…⋯」とため息が聞こえるほど、ぐちゃぐちゃ、ぬたぬたのコースができあがっていた。

試走と本戦の間には、フリースタイルモトクロスのデモンストレーションも行われた。本戦の始まる頃には、アクセスの良さからからロードバイク姿の観戦者や、家族連れの姿も目立ち、スタートからゴールまでを見渡すことの出来る コース半ばの尾根には観戦者がズラリと並びんだ。

エリート男子クラスは、前日のタイムドセッションで大転倒。出走者中最下位になった井本はじめ(LoveBikes)が早い段階で出走。58秒という好タイムでホットシートに座る。順調なスピードを刻んでいた九島勇気(玄武/MONDRAKER) は、観客のいちばん集まるコーナーで転倒。


難コンディションで驚異的な走りを見せた井本はじめ(LoveBikes)

その後も、DOWNHILL SERIES歴代優勝者たちが次々と降りてくるが、スリップダウンや転倒が相次ぎ、タイムが伸びない。注目のBMXライダー三瓶将廣(SystematicBMX)も1分12秒に沈んだ。


ランキングトップだった阿藤寛 (COMMENCAL/Topknot)は4位。ランク2位に後退した


シリーズ初参戦の九島賛汰(玄武 NinjaTV)は見事表彰台3位


BMXレースの日本代表、三瓶将廣(SystematicBMX)も参戦したが転倒で18位。

最後のランは、前日に雨の中での56秒台というスピードを見せつけた優勝候補の加藤将来(LOVEBIKES RACING/ACCEL)。だが、フィニッシュした瞬間、首を振る。井本はじめの初優勝が決まった。

井本はレース後、「序盤が上手くいきました。後半は少し苦手だったので最後のUターンで力みすぎてグリップ回っちゃってスリップダウンしそうになったり。でも、マッドのおかげで楽しさだけじゃなく、難しさがプラスされておもしろかったです!」と語った。

2位には永田隼也(AKI FACTORY TEAM)が、3位にはDOWNHILL SERIES初出場の九島賛汰(玄武 NinjaTV)が入った。できたてほやほやの短いコースながらも、「おもしろかった!」と声を揃えた参加者たち。「次はドライコンディションで走りに来たい!」とも。来年は、ドライになるだろうか。そのときに勝つのは誰だろうか。雨は雨で、見応えと、ドラマと、次回への期待をくれる。

次戦は2週間後の11月22日〜23日。舞台は兵庫県たつの市の菖蒲谷森林公園・ 特設コースにて行われる。

Photo: ©DOWNHILL SERIES / Hiroyuki Nakagawa
ダウンヒルシリーズ、オフォシャルホームページ

NEW ENTRY